前へ
次へ

爪水虫は皮膚科に相談すれば治ります

私は、小さい時からどちらかというと、薬を飲まずに寝ていれば病気は治る、といった昔ながらの考え方の中で育てられたこともあり、足の水虫も放置していました。
しかし、結婚を機に妻から何とかしてほしいといわれ、皮膚科に行くことにしました。
爪水虫は、それ自体はかゆくないものの、見た目が悪いだけではなく、そこを拠点に周辺に水虫が広がっていきます。
これまで医療機関にかかることなく、症状がひどくなればドラッグストアで薬を買って、つけてごまかしてきましたが、かゆみがなくなると薬をつけなくなるため、完治することはありませんでした。
通院した皮膚科では目からウロコとも言える飲み薬が処方されました。
これまで塗り薬のことしか頭になかったのですが、飲み始めて1か月経過すると、新しく生えてきた爪が明らかにきれいになっていました。
さらに驚いたことは、周辺の頻繁に水虫の症状が出ていた部分の皮膚もきれいになっていたのです。
その後も薬を飲み続け、半年後には完治しました。

Page Top