前へ
次へ

MRIやCTですべてが分かるわけではない

病状がある時には何らかの原因がある可能性があります。
その原因を知るには原因のある部分が正常に

more

検査をしても確実に病気が見つかるわけではない

健康な人が行う検査として健康診断や人間ドックがあるでしょう。
健康診断では血液や尿をチェックし

more

抗がん剤治療の目的を知って受ける

がんになったときの治療法として抗がん剤治療があります。
化学療法とも言われ、薬の力でがん細胞を

more

PET検査の仕組みを知って利用を検討

がんを発見するのにいい検査としてPET検査があります。
全身の様子を撮影した写真において光る点が集まるところがあり、その部分にがんがある可能性があると診断されます。
ある部位でがんが見つかったときに他に転移しているところが無いかを見つけたりするときに利用することが多いとされています。
PET検査を具体的に言うと、まず放射能のあるフッ素を付けたブドウ糖を注射し一定期間待ちます。
がん細胞は栄養分をどんどん取り込む性質があるとされ、ブドウ糖が体内に流れるとそれを取り込もうとします。
レントゲンなどで撮影するとブドウ糖が取り込まれている部分が光って写されるのでがんの場所がわかります。
では全く症状のない人がPET検査でがんを発見するのに向いているかどうかです。
実は他の病気にかかっているときにもその病気の部分が光るときがあり、逆にがんを発症しているのに光らないときもあります。
又放射能の被ばく量もそれなりにあるので、何もない時に受けるのはあまりよくないでしょう。

子供の難聴の治療をしてくれる病院をお探しの方はご相談ください

子供の言語訓練といえばめぐみ耳鼻咽喉科・アレルギー科へ

天神 歯医者

インビザライン 大阪

Page Top