前へ
次へ

抗がん剤治療の目的を知って受ける

がんになったときの治療法として抗がん剤治療があります。
化学療法とも言われ、薬の力でがん細胞を死滅させようとします。
ただがん細胞だけを死滅させるのではなく正常な細胞も死滅させるため、体に不具合が起きやすくなります。
抗がん剤によって異なるものの、いろいろな副作用に苦しむときもあります。
抗がん剤を使うのはがん細胞を死滅するためですが、がんの段階によって目的が異なります。
まずは外科手術後に行うもので、こちらは確実性を強めるために使います。
切除によりほぼがん細胞はなくなりますが万が一残っているかもしれません。
念のため一定期間抗がん剤治療を行って確実にがんを無くすために行います。
その他がん細胞が大きい時、全身にあるために切除できないときに抗がん剤で切除できるところまで小さくする目的で使うことがあります。
最後にあるのが延命治療としての抗がん剤です。
がんを取り切ることはできないが、少しでもがん細胞を減らして長く生きるために抗がん剤を投与します。

Page Top