前へ
次へ

病気の治療のために積極的に医師を選ぶ

患者と医師の間には相当な情報の格差があります。
本来はあらゆる可能性について丁寧に患者に説明があるべきでしょう。
しかし実際には限られた診察の時間でかいつまんだ説明だけがなされるので、なかなか症状が改善されない場合には医師との信頼関係が崩れかねません。
究極的には病院のために通院するのではなく、自分の体のためですから、病気をより治してくれるところを積極的に探し求めるということがあってもいいということになります。
むしろ本来は医師の側から患者に主導権を与えたり、次の病院を紹介するというのが本来のあり方です。
しかしつい自分でなんとか解決しようと努力をして結果的に患者の肉体と精神に負担を負わせてしまっているということもあります。
患者からすると最初に担当になった医師に任せようと信頼を寄せがちですが、専門性が浅かったりする場合もあるので、柔軟に病院や医師を選び、病気や症状を治すという本来の目的を果たすための行動を取るべきです。

Page Top